まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

利根川決壊を想定 20時間程度で都心周辺が浸水の可能性/東京

2017年3月17日

東京理科大学の二瓶泰雄教授の研究チームが、埼玉県で利根川が決壊し、東京都心周辺で浸水が始まるまでの時間をシミュレーションした結果、過去の災害や国が想定する2日から3日よりも大幅に短い20時間程度になる可能性があることがわかった。決壊から3日後には、上流であふれた水が加わって葛飾区や江戸川区の浸水の深さは3メートル以上になる所もあり、その状態が1週間以上続く可能性があるというシミュレーション結果となっている。二瓶教授は「ハザードマップで浸水の深さを考慮するだけでなく、どのくらいの時間で浸水するかも考えて備えを進める必要がある」と指摘している。【3月15日 NHKニュースより】
▼葛飾区 水害にそなえて
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/1000063/1004031/index.html
▼江戸川区複合災害対策
https://www.city.edogawa.tokyo.jp/bousai/koujo/hukugosaigai.html

  • 関連タグ: