まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

原子力災害備え障害者避難訓練 避難先へのルートや施設確認/福井

2015年10月29日

福井県小浜市などが主催し、原子力災害時における、身体障害者や障害者施設利用者の広域避難経路を確認する訓練が25日に実施された。昨年9月に、同市広域避難計画が策定されて以来初の試みで、各施設が独自に作成する避難マニュアルの再確認も行なわれた。同市身体障害者福祉連合会に加入する障害者や、同市後瀬町の社会福祉法人つみきハウスの利用者、ボランティアら約40人が市役所に集合してバス2台と乗用車に分乗し、避難先に指定されている姫路市と越前市に向かった。それぞれの支援施設や体育館では、階段や段差の有無、車いす利用者がスムーズに移動できるかなど、マニュアルに不備がないかを点検した。【10月28日 福井新聞より】

  • 関連タグ: