まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

台湾南部で地震

2016年2月8日

6日午前3時57分ごろ(日本時間の午前4時57分ごろ)台湾南部の高雄市を震源とするM6.4の地震があり、台湾の広い範囲で揺れが観測された。気象庁は、「今後も余震が起きるおそれがあり、揺れが強かった地域などでは建物の倒壊などに引き続き注意が必要だ」と話している。また、この地域周辺の地震に詳しい東北大学の遠田晋次教授は、「台湾の南部はフィリピン海プレートの下にユーラシアプレートが沈み込んでいて地震が起こりやすい場所で、過去にも繰り返し規模の大きな地震が起きている。地震のメカニズムから考えると、プレート境界で起きた地震の可能性が高いが、周囲の断層が動いた可能性もある」と指摘している。【2月6日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: