まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

土砂災害の危険性高い箇所ないか緊急調査へ/熊本

2016年4月20日

国土交通省は、震度6強以上の激しい揺れを観測した熊本県の市町村などを対象に、土石流や地滑りの危険性が高まっている箇所はないか緊急調査を行うことになった。国土交通省によると、18日午前6時現在で、土石流や地滑りが60か所で見つかっているという。対象は、熊本県益城町や南阿蘇村など震度6強以上の激しい揺れが観測された自治体など12市町村にある斜面。熊本県が土石流や地滑りなどの危険性があるとして公表している土砂災害危険箇所およそ1100箇所を、国土交通省の緊急災害派遣隊(TEC-FORCE)が調査することにしている。【4月19日 NHKニュースより】
▼国土交通省 平成28年熊本地震におけるTEC-FORCE活動状況
http://www.mlit.go.jp/saigai/kumamoto_action.html

  • 関連タグ:

最新記事