まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

地域の防災 若い力を 土曜授業生かし訓練/大阪

2015年11月5日

公立小学校が土曜授業の一環で取り組む防災教育と、自治会の自主的な防災訓練を合同で行う試みが、大阪市東住吉区内で初めて行われた。合同訓練を行ったのは、住道矢田地域活動協議会、矢田東連合振興町会、市立矢田東小学校。「多くの子どもや保護者らも参加する機会をつくれないか」と学校が土曜授業の活用を提案。地域に呼び掛け、10月24日に合同実施が実現した。学校が休みの日の午前9時に地震が起きたと想定。計20町会の住民が、まずは町会ごとの一時避難所に集合し、安否確認。その後、小学校まで一緒に避難した。衣笠博政校長は「地域の絆を強めるのに役立った」と分析。矢田東連合振興町会・地域防災リーダー隊長の加藤良一さんは「いざというときは若い人の力がいる。中学生にも参加の輪を広げつつ、内容を改善しながら継続していきたい」と話した。【11月4日 大阪日日新聞より】

  • 関連タグ: