まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

地域防災、減災の行方考える 宇都宮大でシンポ/栃木

2016年11月30日

今春の宇都宮大地域デザイン科学部開設を記念したシンポジウム「地域防災における地方大学の文理融合的取り組み」が28日、栃木県総合文化センターで開かれた。2部構成で、第1部は熊本大の松田泰治教授(都市防災)が4月の熊本地震を踏まえた教訓や同大の取り組みを紹介。益城町の建物全壊被害について「1981年前の旧耐震基準の住宅は半数以上に上ったが、同年以降の新基準では2割弱、2000年からの基準では6%に留まった」と報告。国土交通省下館河川事務所の里村真吾所長は昨年の関東・東北豪雨を受けたハード、ソフト対策の現状を説明。「去年を上回る災害がないとは限らない」と一層の意識向上を訴えた。【11月29日 下野新聞より】
▼宇都宮大学 地域デザイン科学部 開設記念シンポジウム II 「宇都宮大学防災シンポジウム ~地域防災における地方大学の文理融合的取り組み~」を開催します
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/topics/2016/10/004244.php

  • 関連タグ: