まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

学校耐震化 2200棟余が震度6強で倒壊の可能性

2016年7月29日

文部科学省は、今年4月時点の公立の幼稚園や学校の校舎や体育館など、およそ15万7000棟の耐震化率を調査した。その結果、全体の耐震化率は97.6%で、震度6強の揺れで倒壊する可能性のある建物は2228棟に上ることが分かった。文部科学省は東日本大震災から5年となる昨年度までに耐震化率を100%にする目標を掲げていたが、自治体によっては財政や学校の統廃合などの問題により、耐震化が進まなかったという。文部科学省の日向信和施設助成課長は「耐震化の完全実施に向けて、国としても予算面で自治体の支援を続けていきたい」と話している。【7月28日 NHKニュースより】
▼文部科学省 公立学校施設の耐震改修状況調査の結果について
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/28/07/attach/1374615.htm

  • 関連タグ:

最新記事