まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

小田原市も「箱根山」対応の防災対策/神奈川

2015年7月10日

神奈川県箱根町に隣接する小田原市でも、箱根山に対応した防災マニュアルの作成や地元経済への支援策などの検討が進められている。箱根山の噴火警戒レベルが3に引き上げられた直後、小田原市は、副市長をトップとする「箱根火山対策会議」を発足させた。対策会議では、箱根山の噴火によって避難者が出る場合に備えた受け入れ態勢の整備や、小田原の住民にも状況を素早く伝える仕組みづくりなど箱根山の防災マニュアルの作成を進めることにしている。また、観光客の減少によって小田原駅周辺の飲食店や土産物店それに箱根町と経済的な結びつきの強い企業などからは不安の声が寄せられているため、事業者への聞き取り調査を始めたほか、現在ある中小企業向けの融資制度の見直しや、新たな経済支援策の作成などの検討も進めている。【7月8日 NHKニュースより】