まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

島根・益田の突風 気象台「竜巻の可能性高い」/島根

2016年2月25日

24日午前2時40分ごろ、島根県益田市中吉田町で突風が発生し、店のひさしが壊れたほか、付近の住宅や店舗で天井や壁がはがれたり窓ガラスが割れたりする被害が相次いで見つかった。益田市によると、被害は市中心部の南北におよそ2キロ、幅100メートルから150メートルほどにわたって帯状に広がっていて、住宅3棟と12の店舗の合わせて15棟で被害が確認された。駐車場に止めてあった乗用車などの窓ガラスが割れたり、農業用ハウス2棟の一部が壊れたりする被害が出た。松江地方気象台は職員を派遣して現地調査を行った結果、被害が発生した時間帯に積乱雲が通過していたことや被害が帯状に分布していたこと、それに「ゴー」という音の移動があったという住民の証言が複数得られたことから、「突風は竜巻だった可能性が高い」と発表した。【2月24日 NHKニュースより】
▼気象庁「竜巻の突風データベース 最近発生した一覧」
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/tornado/new/list_new.html

  • 関連タグ: