まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

平成26年の水害被害額(確報値)について

2016年3月30日

国土交通省は、平成26年の水害被害額(土砂災害による被害を含む)について、確報値を取りまとめた。その結果、平成26年の水害被害額は、全国で約2,900億円となり、平成17~26年の過去10カ年で6番目に大きい被害となった。水害被害額が多かった県は、1位広島県(水害被害額:約444億円)、2位京都府(水害被害額:約289億円)、3位高知県(水害被害額:約286億円)。主要な水害による水害被害額は、7月29日~8月12日の台風12号・11号(水害被害額:約890億円)、8月13日~26日の豪雨(水害被害額:約945億円)。【3月25日 国土交通省より】

  • 関連タグ: