まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

広域受援の手順検証 静岡県庁で地震想定訓練/静岡

2015年8月27日

静岡県は26日、県総合防災訓練の一環として、大規模地震に備えて災害対策本部を運営する図上訓練を県庁などで行った。政府が3月にまとめた南海トラフ巨大地震の応急対策活動計画に基づき、県は本年度中に広域受援計画を見直す方針で、応援部隊の受け入れや救急物資の輸送などの手順を検証した。県職員をはじめ、県警、県内35市町、関係機関などから約6900人が参加した。地震発生から5時間後を訓練開始時点と想定し、被災状況の情報収集や緊急輸送ルートの設定などに取り組んだ。【8月26日 静岡新聞より】

  • 関連タグ: