まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

広島土砂災害の教訓 命を守る3つの心得

2015年6月17日

政府は16日、平成26年8月に広島市で発生した土砂災害の現場から学ぶべき教訓として「命を守る3つの心得」の動画を公開した。国土交通省では、土砂災害から身を守るために最低限覚えておきたいこととして、1.自治体の土砂災害ハザードマップで避難場所、避難経路を確認しておくこと。2.大雨が予想される場合は「大雨警報」や「土砂災害警戒情報」などに注意すること。3.崖下や渓流沿いに住む人は豪雨になる前に早めに避難すること。の3つの心得を挙げている。【6月16日 政府インターネットテレビより】

  • 関連タグ:

最新記事