まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

救える命救いたい 慶大・湘南藤沢キャンパス 災害、テロに備え集中講義/神奈川

2016年4月14日

慶応大の湘南藤沢キャンパスで、災害やテロによって多数の負傷者が発生した場合の対応を学ぶ集中講義が行われた。地震学が専門で「命を守る防災」を研究テーマに掲げる環境情報学部の大木聖子准教授が企画。元在日米陸軍統合消防次長で、危機管理や災害対応に関するコンサルティング、研修などを手掛ける「日本防災デザイン」の熊丸由布治さんを講師に招いた。受講者は先月31日からの2日間、災害心理学、チーム作り、要救助者の対処法、危険物の取り扱い、災害医療、捜索や救助の基本知識などを学習。締めくくりの一日に教室を地震発生直後の被災現場に見立て、救助する側と救助される側を交互にこなした。熊丸さんは「最低限の知識と技術、そして一歩踏み出す勇気によって、助けられる側が助ける側に回ることができる」と説明。大木准教授は「みんな顔つきが変わった。具体的なスキルが自信や勇気になる」と成果を評した。【4月13日 東京新聞より】
▼大木聖子研究室
http://bosai.sfc.keio.ac.jp/

  • 関連タグ: