まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

救助ルート、ドローンで確認=災害現場に投入 総務省消防庁

2015年9月24日

津波や土砂災害の現場に投入して早期に状況を把握しようと、総務省消防庁が「ドローン」の試作機を開発した。試作機は直径約1メートル、重さ約3.5キロで、カメラや有毒ガスの検知器といった機材を約2.5キロまで搭載できる。GPSを活用し、パソコンで事前設定した経路を飛ぶ仕組み。飛行中に写真や動画を伝送でき、撮影データから現場の立体地図を作製することも可能で、1回の飛行時間は約30分。収集した情報を分析し、安全で迅速な救助ルートの確認に役立てる。試作機を基に、2機の製造をメーカーへ委託。来年3月までに2地域の消防機関へ配備する方針【9月22日 時事ドットコムより】

  • 関連タグ:

最新記事