まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

暴風雨、堤防決壊や冠水 北海道内8人けが、JR381本運休/北海道

2015年10月9日

強い勢力を保ったまま台風23号から変わった温帯低気圧は8日、北海道に最接近した。道東を中心に暴風雨に見舞われ、道などによると全道で8人が負傷。高潮による浸水や河川の堤防決壊、建物損壊が相次ぎ、9日午前0時現在、根室や紋別など6市町が避難指示・避難勧告を発令している。根室市の市街地の一部が高潮で冠水したほか、オホーツク管内美幌町も日の出地区が大雨で最高約1メートル冠水。大空町では午後4時半ごろ、女満別川の堤防の一部が幅10メートルにわたり崩れ、畑が1ヘクタールほど水に漬かったとみられる。気象台によると、9日は峠や山間部で積雪や路面凍結による交通障害に注意が必要という。【10月9日 北海道新聞より】

  • 関連タグ: