まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

東海地震と連動か「富士川河口断層帯」重点調査へ/静岡

2016年2月3日

政府の地震調査研究推進本部は、「富士川河口断層帯」について、その影響などを詳しく調べるため、来年度以降、重点的に調査することを決めた。「富士川河口断層帯」は東海地震の震源域の北東側に当たる、静岡県の富士宮市から駿河湾にかけてほぼ南北に延びる陸地の長さがおよそ26キロの断層で、沖合の海底にさらに延びていると推定され、政府の地震調査委員会は「東海地震と連動して同時に活動すると推定され、その場合、最大でマグニチュード8程度の地震のおそれがある」という検討結果を公表している。調査は来年度から3年かけて行われる予定で、測量船を使った海上からの音波探査や、GPSを使った観測などで断層が沖合の海底でどこまでのびているかを調べるほか、地層の断面を掘って調べる「トレンチ調査」などを行って過去の活動の時期やずれ動いた量などを詳しく調べることにしている。【2月1日 NHKニュースより】
▼地震調査研究推進本部政策委員会第75回調査観測計画部会議事次第
http://www.jishin.go.jp/reports/board/hokoku16b_k75giji/