まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

気象庁「地震活動 このまま収まるということではない」/熊本

2016年4月22日

熊本県や大分県で続く一連の地震活動について、気象庁の青木元地震津波監視課長は21日、記者会見し、「活発な地震活動が現在も続いているため、引き続き強い揺れに警戒してほしい。また、きょうはすでに大雨になっているところがあり、急斜面の近くや、すでに土砂崩れが発生している場所は、特に危険な状態なので、土砂災害に厳重に警戒してほしい」と述べた。また、今後の見通しについては「地震の回数の増加は緩やかになっているように見えるかもしれないが、全体の活動は依然として活発な状態で、このまま収まるということではない。当初、警戒が必要な期間は1週間程度だと考えていたが、その後、広い範囲で地震活動が活発になるなど、過去の例があてはまらず、見通すのは難しい。少なくとも今後、1週間程度は地震活動が続くと考え、強い揺れに警戒してほしい」と話している。【4月21日 NHKニュースより】
▼気象庁「平成28年(2016年)熊本地震」について(第24報)
http://www.jma.go.jp/jma/press/1604/21b/201604211530.html

  • 関連タグ: