まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

水害の教訓、防災教育に 茨城大がテキストづくり/茨城

2016年4月15日

茨城県常総市の子どもたちに水害の教訓をわかりやすく伝えていこうと、茨城大のグループが、小学校の教員向けの指導用テキストづくりに取り組んでいる。専門分野を越えて結成した「関東・東北豪雨調査団」の調査結果をいかし、教育プログラムを組み立てる。調査団は昨年9月の水害発生直後に設立された。「避難行動」「住宅被害」「住民ケア支援」など8つのグループにわかれて現地に入り、結果を踏まえて提言にまとめてきた。この中から、豪雨水害の科学的メカニズムや特徴、復旧・支援の状況、次の災害に備える教訓などをピックアップし、教師が使う指導用教材にまとめる。授業で活用してもらうことで、防災意識を持って地域を支える人材の育成をめざす。【4月14日 朝日新聞より】
▼茨城大学 平成27年関東・東北豪雨調査団 成果報告会を常総市で実施
http://www.ibaraki.ac.jp/news/2016/03/311259.html

  • 関連タグ: