まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

津波時の船の避難 検証実験/広島

2015年12月9日

広島県呉市の呉港で、7日、海上保安部と海上自衛隊が合同で、津波が発生した際に、停泊している船を沖合に安全に避難させることができるか検証する実験が初めて行われた。検証実験は、南海トラフの巨大地震が発生し、およそ2時間半後に高さ4メートルの津波が到達するという想定で行われ、検証実験に参加した船には、市や港湾の関係者およそ10人が乗船して見守り、海上保安部の担当者は避難ルート上に船を停泊させないことや、船どうしが無線で協力しながら避難することなどを説明した。呉港では広島県の沿岸に津波警報が発表された場合、すべての船に対して船長や乗組員の安全を図るために避難勧告が出され、船で沖合に避難するか陸上の高台に逃げるかは、それぞれの船で判断することになっている。【12月7日 NHKニュースより】

  • 関連タグ:

最新記事