まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

海保と日赤が実動防災訓練 協定締結後初めて/宮城

2015年8月26日

海上保安庁と日本赤十字社は25日、大規模地震に備えた実動訓練を宮城県塩釜市の仙台塩釜港で行った。全国規模で協力して救援活動できるよう、両者が今年3月に協定を締結してから初の訓練となる。これまでも各地の日赤支部と海上保安部が個別に協定を結ぶことはあったが、管轄内の災害しか想定していなかった。この訓練では、東海地震が発生し、宮城海上保安部の巡視船を静岡県沖に派遣したと想定。日赤宮城県支部の救護班が乗った巡視船に機材などを運び込み、救助したけが人を船上で引き継いだ救護班が、トリアージや応急処置を施す訓練を実施した。【8月25日 産経ニュースより】

  • 関連タグ: