まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

火山噴火で非常事態宣言、周辺住民は避難/エクアドル

2015年8月17日

エクアドルの首都キトの南45キロに位置するコトパクシ山が14日、およそ140年ぶりに噴火し、上空8000メートルに達する火山灰を噴き上げた。これを受けてラファエル・コレア大統領は15日、非常事態を宣言し、周辺の数か所の村などに避難命令を出した。コトパクシ山は標高5897メートル。その高さや、周辺に人口が多い町が複数あることなどから、世界でも最も危険な火山の一つとされている。【8月16日 AFPBB NEWSより】

  • 関連タグ: