まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

災害時に役立つアウトドア知識 多摩川河川敷で防災キャンプ/神奈川

2016年5月17日

川崎市の多摩川河川敷で15日、防災プログラム企画運営会社「ステップキャンプ」、川崎市内でまちおこしイベントを企画する一般社団法人「カワサキノサキ」などが主催し、災害時に役立つアウトドア知識を学ぶ「防災キャンプ」が開かれた。ステップキャンプの代表、の寒川一さんが講師を務め、親子連れなど160人が、水のろ過方法やチャック付き保存袋でご飯を炊く方法を学んだ。河原で小石や木切れを拾うところからスタート。底を切り取り、ふたに小さな穴をいくつか開けたペットボトルを逆さにして小石、炭、布を敷き、川の水をろ過した。「牛乳パックにはロウが塗ってあり、着火剤代わりになる」という寒川さんの説明に、参加者は納得の表情をみせた。防災キャンプは学校や町内会の防災訓練などでも開催している。【5月16日 東京新聞より】
▼STEP CAMP
http://stepcamp.jp/

  • 関連タグ:

最新記事