まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

災害時のペット保護、大分に全国初の施設/大分

2016年4月7日

九州・山口・沖縄で大災害が起きた際、ペットを保護する「九州災害時動物救援センター」が、大分県九重町に造られる。来年4月のオープンをめざす。環境省によると、災害時に都道府県域を超えてペットを保護する施設は全国初。一般社団法人「九州動物福祉協会」が、センターを設置、運営する。大規模な災害時に、飼い主とはぐれたり取り残されたりした犬や猫を、飼い主が見つかるまで保護する。九州・山口・沖縄の各県が被災地でペットを保護してセンターに移送。九州地区獣医師会連合会の獣医師が救護する。ふだんは、引退した警察犬や盲導犬の受け入れ施設として使うという。【4月6日 朝日新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事