まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

災害時トイレ対策、埼玉県がマニュアル作製 熊本派遣の保健師持参/埼玉

2016年4月28日

災害時のトイレ対策について広く知ってもらおうと、埼玉県は簡易トイレの作り方や注意点などをまとめた「防災マニュアルブック~家庭における災害時のトイレ対策編~」を作製した。県危機管理課は「トイレ対策についてはあまり知られていないのが現状。食糧や水の備蓄と同じくらい重要だと認識してもらいたい」と利用を呼びかけている。マニュアルでは、首都直下地震で県内では22万5千世帯で断水、下水道は109万人に機能支障が起き、ともに復旧に30日かかるとした被害予想を提示。便器にポリ袋をかぶせ、その上から便袋を設置するなど携帯トイレの使い方を図解した。また、家のトイレを公共下水道、農業集落排水、浄化槽の3つに分けて災害時に使う際の注意点などをまとめ、4人家族の1週間分で140枚の簡易トイレが必要といった備品のチェックシートも付いている。県公式サイトからダウンロードできるほか、啓発活動などで配布する。26日から熊本県に派遣した保健師も現地にマニュアルを持参し、避難所などで活用してもらう方針。【4月27日 産経ニュースより】
▼埼玉県 「防災マニュアルブック~家庭における災害時のトイレ対策編~」を作成しました!
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/160425-06.html

  • 関連タグ:

最新記事