まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

災害派遣福祉チーム発足へ/福島

2015年11月2日

福島県や県社会福祉士会などで作る協議会が、「災害派遣福祉チーム」を今年度中に発足させる準備を進めている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の後、避難した高齢者らが体調を悪化させて震災関連死が相次いだ教訓を踏まえた。10月16、17日に郡山市で開かれた研修会では、災害派遣福祉チームに加わる予定の82人が8グループに分かれ、図上訓練を行なった。チームのメンバーとして登録されるのは、社会福祉士や介護福祉士、介護支援専門員、理学療法士などの専門職で、災害時、県の要請を受けて避難所などに派遣される。5人程度のグループで、災害発生直後から1週間程度の活動を想定している。まずは支援を必要とする人を把握して、介護設備などの整った福祉避難所や病院への移送が必要かどうかを判断し、食事や排せつなどの介助をしたり、心のケアに当たったりする。【10月31日 読売新聞より】