まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

空き倉庫に災害時の救援物資受け入れ 千葉市と県倉庫協会が協定/千葉

2016年3月18日

千葉市と千葉県倉庫協会は、大規模災害時、各地からの救援物資をスムーズに被災者に届けるため、物資を受け入れる空き倉庫の提供に関する協定を結んだ。同様の協定は県が結んでいるが、市町村レベルでは県内初という。市は5カ所の施設を災害時に集まる物資の保管場所に指定しているが、うち2カ所は屋根がない駐車場などで、場合によってはスペースが足りなくなる恐れがある。協定により、市は災害時、物資を集積する倉庫を協会から提供してもらう。さらに、荷さばきができる人材やフォークリフトなどの資機材についても協力を受ける。市の担当者は「東日本大震災でも保管場所は課題の一つとなった。災害に備えておきたい」と話している。今月下旬には、市外からの災害支援の受け入れ手順などに関する総合的な計画を策定するという。【3月16日 東京新聞より】
▼千葉市「災害時応援協定一覧」
http://www.city.chiba.jp/somu/kikikanri/saigai-kyotei-ichiran.html