まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

竜巻注意情報 予測の精度改善 来月から地域絞って発表へ

2016年11月7日

気象庁は、竜巻などの突風が発生するおそれがある場合に発表する竜巻注意情報について、予測の精度を改善したうえで、来月15日から、これまでより地域を絞って発表することになった。新たな運用では、国土交通省の気象レーダーを活用することで、観測体制をこれまでの20基から59基に強化するとともに、風速の変化などから竜巻の発生を予測する新たな手法を取り入れ、予測精度の向上を図るという。また、情報を発表する地域は全国を141に分けた地域ごとに細分化される。気象庁は「予測の精度が改善され、地域も絞り込まれるので、周辺の地域に情報が出た場合には、これまで以上に注意してほしい」と話している。【11月5日 NHKニュースより】
▼気象庁 竜巻注意情報の改善について~より精度良く、対象地域を絞り込んで発表します~
http://www.jma.go.jp/jma/press/1611/04a/20161104_tatsumaki_saibun.html

  • 関連タグ: