まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

箱根山、噴火警戒レベル2に引き下げ 火山性地震減る/神奈川

2015年9月14日

気象庁は11日、火山活動が活発化していた箱根山の噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げると発表した。箱根山では、7月1日までにごく小規模な噴火が2回発生した以降は火山性地震の発生回数も減りはじめ、9月には全く観測されない日も増えてきた。地殻変動を示す山の膨張は継続していたが、8月下旬からはその動きも停滞し始めた。観測結果を踏まえ、気象庁火山課の小久保一哉・火山活動評価解析官は「想定火口域を越えて噴石を飛ばすような噴火の可能性はないと判断した」と話した。【9月11日 朝日新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事