まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

練馬区、「透析患者の生命を守る」 災害時の行動指針を策定、23区初/東京

2016年3月24日

東京都練馬区は15日、23区では初となる、災害時の透析医療を適切に提供するための「練馬区災害時における透析医療確保に関する行動指針」などを策定した。同指針は、区内透析医療機関・透析患者・透析患者搬送団体・区の4者による連絡会や、練馬区災害医療運営連絡会専門部会で検討したもので、関係者が取るべき行動や連携の在り方を示す内容。今後は訓練により検証を重ね、災害時の透析医療確保のための体制強化を図っていく。この日は、透析患者の搬送手段を確保するため、平常時から透析患者を搬送している介護タクシー事業者団体である「練馬区透析患者送迎協議会」と、「災害時における透析患者搬送に関する協定」を締結した。区では昨年度、23区で初めて透析患者の緊急搬送に関する協定を、NPOなど8団体と締結。今回の協定で、患者搬送体制をさらに強化する。【3月23日 練馬経済新聞より】
▼練馬区「災害時における透析医療確保に関する行動指針を策定」
https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/oshirase/koudousisinn.html

最新記事