まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

自主防災 経験者を活用/滋賀

2015年4月27日

滋賀県は自主防災組織の充実に向け、先進的な取り組みをしている県民を「県地域防災アドバイザー」として認定し、自治体などに紹介する制度を始めた。東日本大震災の被災地でボランティア経験などのある人をアドバイザーとして認定し、希望する市町や自主防災組織に紹介し、育成支援や住民への啓発に取り組むことにした。認定期間は2年。22日に初めての認定式があり、元消防士や防災士、社会福祉協議会職員ら認定された9人中7人が出席した。自主防災組織の普及の目安となる組織率をみると、滋賀県は86・8%(全国平均80%、2014年4月時点)と高い。【4月24日 YOMIURI ONLINEより】