まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

農業機械・収穫後のコメ水害調査 県が状況まとめ 国に支援要望へ/茨城

2015年10月6日

関東・東北豪雨で、茨城県は被害の大きかった常総市内で、県職員約40人が2人1組で約1400戸を回り、トラクターなど農業機械の被害状況を調査している。水害時は稲刈りシーズンに当たり、収穫した玄米が倉庫で水浸しになるケースが続出した。収穫後の農作物は共済制度の補償対象にならず、県は救済策を国に求めるため、収穫後のコメの被害状況も調べている。被害は計1千トン以上になりそうという。コメ農家は小規模な兼業が多く、高額な機械を買い替えられるかは不透明。離農者が出て農地が耕作放棄地にならないよう、県は今月上旬に実態を把握し、国に支援策を要望する。【10月5日 東京新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事