まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

避難所の障害者らケア 習志野市が日本介護福祉士会と災害時派遣協定/千葉

2016年5月10日

千葉県習志野市は、災害時に福祉避難所へ介護福祉士を派遣する協定を日本介護福祉士会と結んだ。同会によると、派遣協定を結んだ自治体は習志野が初めて。市によると、災害時、避難生活などで特別な配慮を要する障害者や妊産婦、お年寄りら「要配慮者」のために福祉避難所を開設する。避難所開設の協定を結んだ市内11カ所は社会福祉施設が中心で、身体介護や生活援助の専門的な技術を持つ介護福祉士もいる。しかし「入所者のケアで手いっぱいになる」(市保健福祉部)ため、全国組織の同会に協力を求めることにした。協定では、市内で地震などが発生した際、市の要請に基づき、同会に介護福祉士を派遣してもらう。同会に登録した介護福祉士約49700人(昨年3月末現在)のうち約450人が災害時のボランティアに手を挙げている。【5月9日 東京新聞より】
▼習志野市「災害時における福祉避難所への介護福祉士の派遣に関する協定」の締結
https://www.city.narashino.lg.jp/kurashi/bosaibohan/bosai/kaigohukusisihakennkyoutei.html

最新記事