まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

避難生活の知識学ぶ 逢隈小で防災キャンプ/宮城

2016年7月4日

災害時の避難生活に必要な知識を子供たちが学ぶ防災キャンプが2、3の両日、宮城県亘理町逢隈小で行われ、3~5年の児童18人が参加した。初日は、亘理消防署の指導でロープを伝って避難する訓練を実施。また、避難所でスリッパが足りない状況を想定し、新聞紙で簡易な履物を作るなどした。5年生の庄司侑加さんは「災害に遭った時に、安全に逃げられるように家族に伝えたい」と話した。防災キャンプは町教委が防災教育の一環で、2010年度から町内6小学校の持ち回りで行う計画でスタート。東日本大震災による休止を経て13年度に復活した。担当した町生涯学習課の横田淳さんは「子供たちが家族に知識を伝えることで、地域の防災力を上げていきたい」と語った。【7月4日 河北新報より】

  • 関連タグ: