まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

関東・東北豪雨など 激甚災害に指定

2015年10月7日

先月の「関東・東北豪雨」で、内閣府などによると、これまでに農地や農業施設などの被害は、関東や東北を中心に全国で81億6000万円と推計され、基準の被害額を超えたという。このため政府は6日の閣議で、関東・東北豪雨と、台風18号による農業関連の被害について、一括して「激甚災害」に指定することを決めた。また、関東・東北豪雨による福島県の南会津町と昭和村の土木施設などの被害についても、これまでに23億5000万円に上ると推計されるとして、「局地激甚災害」に指定した。政府は、このほかの自治体についても被害額の見積もりを進め、年度末にも「局地激甚災害」に指定する方針だとしている。「激甚災害」と「局地激甚災害」に指定する政令は、7日施行される予定。【10月6日 NHKニュースより】