まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

阪神・淡路大震災の経験語る/静岡

2016年1月18日

16日、静岡市で阪神・淡路大震災の発生から21年になるのを前に、大手損害保険会社の元神戸支店長を務めていた瀬尾征男さんが当時の企業の対応について講演した。瀬尾さんはまず、震災直後の会社の対応をまとめたVTRを上映し、営業再開を求める本店には支店を撮影した映像を通信衛星を使って伝送し人手が足らないといった状況を伝えたことを紹介。その上で、日頃から災害に備えて情報の収集と共有の仕組みを作ることや、いざというときには社員1人1人がみずから考えて迅速に行動し、トップがその責任を引き受けることが重要だと訴えた。【1月16日 NHKニュースより】

  • 関連タグ: