まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

防災テーマに意見交換 紀南7中学校の生徒/和歌山

2016年3月23日

JR西日本和歌山支社、和歌山大学地域連携・生涯学習センター、同大学防災研究教育センター、県立紀南図書館、田辺・西牟婁特別活動研究会中学部会、新庄地域共育コミュニティが主催し、和歌山県田辺市で19日、「未来は私たちが創る」と題した防災について考える交流会があった。田辺市とすさみ町の中学校7校の代表が、パネルディスカッションをして学校や地域の取り組みを紹介した。 明洋中学校は、年に数回、授業中や部活中などさまざまな場面を想定し避難訓練をしており、訓練などを通じて学んだ、危機管理の意識を持つこと、地域の人に伝えていくことの重要性を訴えた。コーディネーターを務めた生涯学習センターの西川一弘講師は「防災だけでなく、何においても地域と連携していくことで可能性は広がる。参加した学校へ、小さな努力が大きな目標を達成すること、何事も自分のこととして考える力を持つことが大切だとメッセージを贈る」と語った。 【3月21日 紀伊民報より】

  • 関連タグ:

最新記事