まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

防災無線デジタル化へ 米子市、来年度から5年かけ/鳥取

2015年9月17日

鳥取県米子市は、市内すべての防災行政無線を、従来のアナログ式からデジタル式に切り替える。2016年度から5年かけて整備する計画をまとめ、住民説明会を重ねている。合併前からの現行システムは、本庁舎と淀江支所の2カ所にある基地局から別々に情報を発信しており、効率の悪さが指摘されていた。市によると、デジタル化に伴い基地局を本庁舎に統合。従来より音声が明瞭になり、聞こえる範囲も広がるという。市防災安全課は「将来的にアナログ式は使えなくなり、デジタル化で全域を一元的に運用することができる。屋外拡声器が聞こえにくい場合は緊急テレホンサービスなども活用してほしい」と理解を求めている。【9月16日 日本海新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事