まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

震災教訓 災害時の福祉探る公開講座/秋田

2016年6月2日

秋田市の社会福祉法人いずみ会が主催し、東日本大震災を教訓に、災害福祉について学ぶ公開講座が、秋田市役所中央市民サービスセンターで開かれた。市福祉保健部の進藤靖主席主査が、「災害に備えた支え合いの地域づくり」と題して秋田市の福祉政策の現状を説明。「市が提供している要援護者名簿などを活用し、福祉施設は地域での支援体制づくりに努めてほしい」と呼び掛けた。災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバードの理事で宮城支部会長の野田毅さんは「震災当時、福祉避難所はほとんど機能しなかった」と振り返った。その上で「災害福祉のスキルを持つ人同士が連携して組織をつくり、有事には要支援者のニーズを把握したり、優先的に福祉避難所へ案内したりするなど、リーダー的役割を担うことが必要だ」と語った。【6月1日 河北新報より】
▼災害福祉広域支援ネットワーク・サンダーバード
http://www.thunderbird-net.jp/index.html

  • 関連タグ: