まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

首都直下地震時に備え、災害支援物資の海上輸送演習を実施

2016年2月10日

国土交通省は、2月15日(月)から16日(火)にかけて、災害支援物資の海上輸送演習を実施する。首都直下地震時には大量の災害支援物資が必要になることが想定されるため、輸送ルートの確保が重要となる。このため、首都直下地震が発生したという想定の下、大量の物資を輸送できる海上輸送ルートの確保に向けて、被災を免れた関西地域から被災地である首都地域へ実際に災害支援物資の海上輸送を行い、海上交通を活用した災害支援物資運搬に係る実効性の検証を実施する。国土交通省では、大規模災害発生時に陸海空の輸送手段を最大限に活用できるよう、「即応型 災害支援物資輸送計画」を策定することとしており、今回の検証で得られた知見等をその計画に活かすとしている。【2月9日 国土交通省より】

  • 関連タグ:

最新記事