まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

高知市の昭和小で防災授業 保護者、住民も参観/高知

2015年10月20日

高知市日の出町の市立昭和小学校で17日、保護者や地域住民が参観した防災授業があった。6年生95人のほか、地元の下知地区減災連絡会の関係者ら約50人が参加した。同小学校では、年4回の防災訓練などに合わせて防災授業を行っているが、参観日という形での実施は初めてという。授業の中で、児童たちは「ひとりで留守番していた冬の夕方に地震が起き、親の携帯電話につながらない場合、家で待つ?」「公園で遊んでいる時に地震に遭い、近くの大人が『避難しなくても大丈夫だろう』と話しているが、大人の言うとおりにする?」という二つの設問に「Yes」「No」で回答して、それぞれ意見を述べ合った。【10月18日 朝日新聞より】

  • 関連タグ: