まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

鹿沼に「市民生活復興センター」 水害で地域に残る課題、取り組みへ/栃木

2015年10月6日

栃木県内広域水害によって被害を受けながらも、行政などの支援が届きにくい部分の支援をしようと、かぬま市民活動広場ふらっとは「かぬま市民生活復興センター」をこのほど発足、黒川河川敷で4日、枯れ草や流木を撤去するボランティア活動を実施した。同センターの運営は、NPO法人のトチギ環境未来基地と、とちぎユースサポーターズネットワークが協力している。地域のニーズを調べるため市内全自治会に調査票を配布。公民館敷地や用水路の土砂撤去など、行政が優先的に取り組めない課題に取り組んでいる。【10月5日 下野新聞より】

  • 関連タグ:

最新記事