まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

<仙台防災フォーラム>防災の未来 経験共有/宮城

2016年3月14日

宮城県仙台市が主催し、防災・減災に取り組む民間団体や行政機関、研究機関が今後の在り方を考える「仙台防災未来フォーラム2016」が12日、仙台市青葉区の仙台国際センターで開かれた。東日本大震災の教訓や市民参画、女性の視点など11のテーマごとにセッションを行い、今後の活動の方向性や課題を話し合った。開会イベントで、ロバート・グラッサー国連事務総長特別代表が記念講演し、「震災では津波が福島の(原発事故による)状況を招いた。世界的に複合災害、災害の連鎖への対応が防災のポイントになっている」と指摘。防災会議で採択された国際行動指針「仙台防災枠組」に基づき、「東北の経験を共有し、世界的な教訓とするため貢献してほしい」と訴えた。閉会イベントで、東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長は「『自分たちの枠組み』を出発点に行動に移し、国内外と連携しながら取り組みの発信を続けていきたい」とフォーラムの成果を総括した。【3月13日 河北新報より】
▼内閣府防災情報「仙台防災枠組2015-2030(骨子)」
http://www.bousai.go.jp/kokusai/kaigi03/pdf/09sendai_kossi.pdf

  • 関連タグ: