まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

防災関連ニュース

記事が削除される等の理由で、リンク切れとなる場合があります。ご了承下さい。

<土砂災害>寄付金で防災基金/広島

2015年9月9日

広島市は7日、昨年8月の土砂災害を受けて全国から集まった寄付金を原資に「防災まちづくり基金」を創設すると発表した。寄付金は、被災者支援を目的とした義援金とは別に、復興事業などに活用するため、市が募集。4日現在で2億3258万円が集まった。このうち、基金として積み立てるのは個人や企業・団体から寄せられた約1億5900万円で、他の自治体からの約7400万円は一般財源に繰り入れて災害復旧に充てる。避難所や危険箇所、避難ルートなどを地図上に示す防災マップは、自主防災組織などが区役所や消防署と連携して作成する。今後、支援の対象学区や組織を区役所と調整し、1か所あたり50万円程度を助成する。【9月8日 読売新聞より】

最新記事