まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

今井直人(いまい・なおと)

今井直人(いまい・なおと)

若者ボランティア団体 繋 創設者

生年月日:1994年2月19日
出身地:兵庫県
最近の防災・減災活動:
 ・カミング神戸でのブース展示とステージ出演
 ・福興カフェという毎月11日に行っている東日本大震災や防災について考えるイベント

・地域防災にはまったきっかけは?

阪神・淡路大震災の被災地神戸で生まれ、僕は被災していませんが祖父母が被災し、復興過程を成長と共に見てきました。その後、阪神・淡路大震災の教訓で出来た兵庫県立舞子高校環境防災科に入学しました。そこで防災や減災について学んでいくと自然とハマっていました。


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

今をどう生きるか。自分の人生をいかに生きるか。についてです。防災を学ぶ中で“死”について考えることがすごくあります。だからこそ、生きることについて考えることがとても多くあります。生きることの大切さをひしひしと実感します。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

防災が“特別”過ぎることです。もっと身近なものだし、生活の一部だと思います。それを、すごく特別なものとして扱っているからハードルが高いのではないのでしょうか。考え方一つで日常の行動が防災の行動になることもあります。防災が“当たり前”にしていきたいです。


・TEAM防災ジャパンの一員に推薦!という方をご紹介ください。

同じ舞子高校環境防災科の先輩で、大学でも防災を勉強し、NPO法人で防災のお仕事をされている“河田のどか”さん。
高校時代から東北支援に関わり、大学生になってからは東北のツアーや料理教室で東北の魅力を伝えるとともに防災意識向上に努める“武田彩”さん。
高校生の時に東北支援を始め、そこから防災の必要性を感じ、防災啓発や防災教育を行う団体を設立し精力的に活動した“鈴田和基”くん。


・TEAM防災ジャパンへの想い、メッセージをお願いいたします。

このようなページがもっともっとメジャーになって防災を語ること・発信することが珍しいことじゃなくて普通なことになればいいなと思います。

検索結果( 件)