まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

伊藤航平(いとう・こうへい)

葉山町消防団第三分団
葉山町商工会/青年部
神奈川土建一般労働組合 鎌倉逗子葉山支部/青年部

生年月日:1982年8月2日
出身地:神奈川県葉山町
最近の防災・減災活動:茨城県常総市復旧活動、葉山町消防団第三分操法訓練、町内会防災訓練(講演会)

・防災に踏み込んだ(取り組み始めた)きっかけは?

建築組合や商工会・消防団へ所属しているから。所属のきっかけが、地域での活動が行いたかったから。


・ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

学生ボランティアのグループが地元にでき、次世代に地域活動の根が生えた事。


・防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

団体・組織・グループなどの横のつながりが薄く連携が取れない。比較的に年齢層の高いグループが多く若い世代が入ってこない。また入りにくい。


・ご自身の活動の中で、繋がれるといいなぁ(繋がってよかった)と思われる(地域、企業、団体、個人など)についてご紹介ください。

地元の商店街や商工会の、熱い思いを持った役員さん。


・TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

省庁を飛び越えた横のつながりの防災活動・白書。単年度予算を使っての使いきり予算活動の廃止。継続事業の徹底。チラシ・ポスター・ホームページなど、誰が見るかわからないPR事業の廃止。実績型のフォーラム開催や地域防災訓練・学校等防災訓練への予算配分。消防団への予算増資(発電機・照明・マスク・非常食・毛布・ブルーシートなど、強化)