まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

棚村克巳(たなむら・かつみ)

棚村克巳(たなむら・かつみ)

東日本大震災復興支援団体「新潟恩返し隊」代表
 http://ameblo.jp/niigata-ongaeshi/
広告代理店勤務

生年月日:1965年7月21日生まれ
出身地:新潟県見附市
最近の防災・減災活動:宮城県気仙沼市大島における民宿再生支援・宮城県山元町での営農支援・高校生の被災地学習コーディネート

・地域防災にはまったきっかけは?

私は決して地域防災に「はまった」のでは有りません。
山間の農村に生まれた私は、幼少時から集落・近所同士で助け合いをしながら自然と共に、生かされて来ました。
自然災害が多発する新潟県内において11年前の水害・震災を機に復旧支援団体を興し、助け合い・思い合いからなる社会の大切さに改めて気付いた事が契機です。


・地域防災に関わって、改めて大切だと感じたことは?

人は一人では生きて行けない事を改めて認識しました。
自然に逆らわず、自然に従って生きて行く事が大切と思います。


・地域防災・減災に取り組んでみて感じる今の社会課題は?

偏向した過度な経済活動が本来、持ち合わせていた人間社会の「本当の心の豊かさ」を蝕んでいる気がします。
それとは別ですが予知・予見能力も劣化していますね。


・TEAM防災ジャパンの一員に推薦!という方をご紹介ください。

新潟県内で教職に就いていられる「宮川高広」先生をご紹介します。学校教育の一環として地域と学校が共同で取り組む防災活動の大切さを子供たち・地域住民に説いていられます。


・TEAM防災ジャパンへの想い、メッセージをお願いいたします。

東日本大震災から四年が経過した現在、様々な分野で活動される諸先輩方から学べる好機を頂きました。自分自身の活動を振り返り、検証する為にも有り難く思っております。

検索結果( 件)