まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

減斎さん(げんさいさん)

減斎さん(げんさいさん)

減斎の会

生年月日:1891年10月28日
出身地:愛知県
最近の防災・減災活動:歴史災害記録の伝承

防災を取り組み始めたきっかけは?

これまで数々の災害を見てきたのじゃが、東日本大震災を目の当たりにし、あらためて地域の歴史災害を伝承していかねばと強く思ったことがきっかけじゃ。


ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

東日本大震災の後、愛知県で歴史災害にまつわる碑や史跡の情報を集め、住民の方にお知らせするパンフレットを作ったんじゃ。このときの情報をもとに、歴史災害にまつわる碑や史跡の情報を伝えるチラシも毎月作っておるぞ。


防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

歴史災害記録の研究に熱心に取り組まれている専門家の方が各地におるんじゃ。パンフレットやチラシをきっかけに、こうした方から情報が集まることを期待しておる。この地域では年2回、地域の歴史地震の研究家が集う「中部歴史地震研究懇談会」も開かれており、少しずつ「つながり」が強化されておるぞ。


ご自身の活動の中で、繋がれるといいなぁ(繋がってよかった)と思われる(地域、企業、団体、個人など)についてご紹介ください。特に、つながれてよかった個人をリレー寄稿にご紹介ねがいます!

碑や史跡について調べるうちに、愛知県にも歴史災害の伝承に熱意をもって取り組んでくださる仲間がたくさんおることがわかったんじゃ。できあがったパンフレットを見て情報をお寄せくださった方もおり、この分野でのつながりができつつあるぞ。


TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

歴史災害の伝承には地域の方々の「つながり」がとても重要になるんじゃ。このサイトを通じて、そういった方々のネットワークができればと大いに期待しておるぞ。歴史災害の伝承に限らず、防災について様々な取組をされている方々が、自らの専門をこえてつながる機会になれば、なおよいのう。

検索結果( 件)