まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 企画編集:助けあいジャパン 協力:内閣府防災担当

リレー寄稿

※寄稿者様へのご連絡は、各ご所属先へお問い合わせください。

竹本加良子(たけもと・かよこ)

竹本加良子(たけもと・かよこ)

株式会社サイエンスクラフト 代表取締役

出身地:福井県
最近の防災・減災活動:・内閣府 防災スペシャリスト養成研修の企画・運営、検討会運営支援
・消防庁 自主防災組織の人材育成に関する調査研究、検討会運営支援
・気象庁 気象防災ワークショップの開発
・西予市 西日本豪雨災害の災害対応に係る記録、ふりかえり支援
・自治体職員や住民等に向けた研修の講師 など

防災を取り組み始めたきっかけは?

阪神淡路大震災発生後、京都大学防災研究所が取り組んでいた避難所開設・運営業務の標準化の研究や、災害対応マニュアル作成システムの開発に関する仕事をいただいたのをきっかけに、防災の世界に足を踏み入れました。当時の私はシステム開発が専門の門外漢。研究者や自治体の職員の方々に防災の「ぼ」の字から教えていただき、与えられた課題に懸命に取り組んだ毎日でした。


ご自身の活動の中で、一番のエピソード(うまくいったことや、いかなかったことも)という事例をひとつあげてください。

「計画で災害時業務が決められているものの、自分達の役割ではないと納得しない部署があり困っている」といった相談がありました。そこで、当事者を含めた主要職員と一緒に東日本大震災の被災自治体を訪れ、災害時の状況や現在の思いをお聞きしたうえで、市として何をすべきかを徹底的に話し合いました。その結果、自らの言葉で計画をつくり、体制づくりに取り組むことになりました。そして現在もその歩みを進められています。


防災活動は「つながり」が課題ですが、ご自身で感じる現状の課題についておしえてください。

災害現場で同じ問題が繰り返されることが大きな課題だと感じています。過去の災害時の失敗や教訓等を共有し活かすためには、簡単で分かりやすいアウトプットが必要ではないかと思っています。小さなことでよいので、具体的な取り組ができればと思います。


ご自身の活動の中で、繋がれるといいなぁ(繋がってよかった)と思われる(地域、企業、団体、個人など)についてご紹介ください。特に、つながれてよかった個人をリレー寄稿にご紹介ねがいます!

いつも変わらず前向きに防災に取り組んでいらっしゃる方々に出会えて、とてもよかったと思います。それぞれの方々のベースにある信念や想いなどに触れる機会は、私にとってとても貴重な時間です。


TEAM防災ジャパンサイトについて、期待されることについてメッセージをお願いいたします。

様々な組織、立場、経験、得意などをもつ人たちが出合い、何かを生み出すための場と機会の提供(きっかけづくり)に期待します。

検索結果( 件)