まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

災害遺構で
地域の防災の知恵を学ぼう!

エルトゥールル号事件と日土交流4

場所

エルトゥールル号事件と日土交流

和歌山県東牟婁郡串本町(旧大嶋村樫野)

概要

台風のため航行不能のエルトゥールル号が和歌山県大島の樫野崎近郊で海難に遭遇。死者約500名の我が国海難史上未曾有の被害を出す。 エルトゥールル号事件の記憶を語り継ぎ、犠牲者たちを弔うために和歌山県庁の石井知事の発案で、樫野の丘に慰霊碑を建立した。

活用した主体

活用の内容

慰霊碑の前で、犠牲者を弔うと同時に事件の記憶を語り継ぐ式典が約5年ごとに行われている。

参照先

基本データ

災害  :台風
西暦  :1890年
媒体  :石碑
設置年 :1891年
場所  :和歌山県東牟婁郡串本町(旧大嶋村樫野)
活用  :行事
活動期間:
主体  :
主な対象:地域住民
出典  :『災害史に学ぶ-風水害・火災編』2011

※本コンテンツは、内閣府の依頼により国立大学法人東北大学(災害科学国際研究所)で作成された『「災害遺構」の収集及び活用に関する検討委員会』報告書を元に作成されました。

災害遺構の地域で探す