まなべる、いかせる、つながれる。防災・減災のオンライン基地。

運営:防災推進協議会 協力:内閣府防災担当

災害遺構で
地域の防災の知恵を学ぼう!

周防灘台風

場所

周防灘台風

山口県

概要

1942年8月27日周防灘台風は、大潮・満潮が重なり、臨海部が壊滅状態、堤防が切れ市街地が浸水し、山口県全体で死者・行方不明者794人の被害を出した。

活用した主体

黒石校区住民

活用の内容

防災教育チャレンジプラン「せいふていねっと黒石~ひとつの命も失わないぞ~」では、宇部市黒石小・中学校区において、校区住民を中心に自衛隊・消防本部との倒壊家屋からの共同訓練、着衣水泳訓練、非常食試食を実施。洪水マップにもとづくパソコンジオラマを作成した。

参照先

基本データ

災害  :台風
西暦  :1942年
媒体  :
設置年 :
場所  :
活用  :防災、教育
活動期間:2007年
主体  :黒石校区住民
主な対象:
出典  :

※本コンテンツは、内閣府の依頼により国立大学法人東北大学(災害科学国際研究所)で作成された『「災害遺構」の収集及び活用に関する検討委員会』報告書を元に作成されました。

災害遺構の地域で探す